HOLY EMPIRE BBS の BBS

このBBSはHOLY EMPIRE BBS と  神聖帝国への道 のBBSです

管理人は『HOLY EMPIRE BBS』のビーフイーターです
『HOLY EMPIRE BBS』にて注意事項を確認してから利用してください


神聖帝国世界の魔法について

1:しゅぴっつ :

2010/02/13 (Sat) 23:47:00

ファンタジー世界の数だけ魔法はある…

ハーレム世界の魔法についてもいろいろ記述がでてきたような気がします。
他の皆さんも気がついたことがあったら聞いてみたいとおもってスレを立てさせて
もらいました。

私が気がついたのはとりあえず次のこと
1.回復魔法は回復されている対象の回復力を達成させる(シスターP.17より)
2.浮遊(落下速度減衰)は宝珠で可能だが、飛行はかなり高等な術になる(プリズナーP.170)
3.魔法はかなり普及しており、日常生活に使われることもある(キャッスル1、お風呂のお湯を
さます、キャッスル3、焼き芋を素手でつかむ)

このほか、ハーレム世界の魔法や魔法に関わる文化について、皆さんの意見もきいてみたいです。
2:しゅぴっつ :

2010/02/14 (Sun) 14:13:16

スレッドのタイトル入れ忘れてしまった(泣)
すいません



※2010/2/18 管理人BE
スレッドのタイトル入れておきました
いつでも変更できるので希望のタイトルあれば言って下さい
3:毛利 :

2010/02/14 (Sun) 16:40:22


Wアカデミーでは、パールパティの指輪(魔法宝珠)をケーニアスが取り上げ、
パールパティが魔法を使えなくなった状況の描写がありましたね。

あまり気にかけてなかったので、間違ってるかもしれませんが、
簡単な魔法ならば、宝珠さえあればほぼ誰でも使えるのと同時に、
どんな魔法使いでも宝珠がないと全く魔法を使えないのが、
この世界の魔法の特徴なのかも。
4:ご神体 :

2010/02/17 (Wed) 01:04:03

詳しい記述はありませんが、魔法具にも宝珠は組み込まれてるのでしょうかね?
キャッスルでウルスラやディアーネを拘束した御影石とか、グロリアーナがコーネリアに下賜して尻相撲に使われた双頭バイブとか

ジェネラルでは宮殿の空調に使われて魔法で制御されているそうな
また、恐竜などの古代の生物の化石が魔法の触媒になって使われているようです
5:しゅぴっつ :

2010/02/17 (Wed) 21:00:40

書き込みありがとうございます。

魔法薬の記述はあったでしょうか?
生物の化石が触媒になるのだったら他の動植物も触媒になるものがあったりするとか?
6:ご神体 :

2010/02/17 (Wed) 23:57:02

魔法薬といえるかは分かりませんが、パッと思い出すのはキャッスル2で姫君達が殿下に盛ったバンシーの花の蜜とかは…薬草の類ですかね
錬金術とか科学の研究の記述が無いので、科学的な合成薬は…
魔術的効果を水溶液に、という技術は有るのか無いのか…

化石だと、動物と植物の効果別とか、或いは陸上と水棲生物による効果の違いとか有るのかもですね
7:ビーフイーター :

2010/02/18 (Thu) 10:29:22

黄金竜ではセレスト地方から魔法金属が産出すればラッキー
鬼骨の軍師ではオルシーニでは魔法鉱石が産出するなんてことが書かれてます

魔法宝珠に触媒、そして魔法鉱石・魔法金属
それぞれの用途を知りたいところ
8:ご神体 :

2010/02/18 (Thu) 18:34:51

魔法金属や鉱石があっても有効活用が出来るかはまたその国の実情によるんでしょうねぇ
魔法についての解説は、もしかしたら錬金術師とか、魔道具職人とかが主人公の作品が書かれれば或いは…
楽しみではありますが
9:しゅぴっつ :

2010/02/18 (Thu) 20:04:04

ビーフイーター様、ありがとうございました。
スレのタイトルは
「神聖帝国世界の魔法について」
でお願い出来ますでしょうか。

改めてみると恥ずかしい書き出しでした(笑)
10:ビーフイーター :

2010/02/20 (Sat) 12:48:37

またうろおぼえで書きますがイシュタールがペルセポネと戦になったとき
イシュタールの周辺国のどこかが魔法宝珠を安く譲ってくれてたような
その国は魔法宝珠の生産国、あるいはよく流通してたのかな
11:野暮天 :

2010/02/20 (Sat) 15:04:46

西のシェルファニールですがただ単に在庫を格安で譲ってくれただけかも知れません
それとマイスターP34にたかが風呂を魔法でわかすのはもったいいないとありますので王侯貴族以外は日常じゃ使っていないと思います
12:ご神体 :

2010/02/20 (Sat) 18:45:50

魔法じゃなくて外交の話題になりますが、シェルファニールの魔法宝珠の格安での譲渡は、確かに有り難いでしょうが、価値観的には如何なんでしょうね?
共和制ローマで、マケドニア戦役の時だったかにカルタゴが兵糧にと小麦を無償提供した時に矜持と伝統から買い取ったし、カルタゴの代表が元老院で、我々はマケドニアやポントスと共に戦ったと演説したら戦場に出ていないのに共に戦ったとは、と野次が飛んだ故事から、如何なのか?と気になったので
少し前、我が国が、“Boots on the ground”と言われたような感じで、西欧的な価値観に近い空気なんじゃないかなぁ、と
でも国一番の権臣が出兵断ってるか…
シェルファニール・ダリシンはペルセポネの侵攻に新イシュタール政権のお手並み拝見、という気持ちだったのかも知れませんが


魔法宝珠が高価なのは何となくウィザードアカデミーの記述から感じていました
でも、魔法宝珠が無いと魔術が使えないとすれば、魔法学校は私の感覚だと自動車の運転(魔法宝珠の使い方)と自動車の仕組み・設計といった工学的な(魔法宝珠の構造・製造)事柄を勉強するようなモノですかね?


>ビーフイーターさん
毛利さんは文庫派なんでしょうか?
だと、ジェネラルについてあちらに書き込むのは控えた方が良いのか気になりまして
単に忙しいのかもですが
13:しゅぴっつ :

2010/02/20 (Sat) 23:49:09

スレ名ありがとうございます。
ウィザードアカデミーでは魔法宝珠についての授業がなされていました

そこで少し考えてみたのですが、
魔法具については今までの記述からは魔術師でなくても起動できそうですが
(張形やマイスターにでてきた魔法剣など)
これらは魔法具自体に魔力が蓄積されているのでしょうか?
魔法宝珠は確か魔法を修行した人しか使用していなかったはずだけど、
魔術師が魔力を送り込んで機能しているのかも知れません。
或いは逆に魔法宝珠が魔力の貯蔵装置で、本格的な術の使用に必要な分の魔力を宝珠から
引き出して発動しているのかも知れませんね。
14:ご神体 :

2010/02/21 (Sun) 14:59:30

確かウィザードアカデミーで魔法宝珠を暴発させていましたが、例えばそれが燃料庫たる働きでも魔力の反応させる速度を速めて爆発的にする事も出来るでしょうし、ある魔術術式を行使する為の物だとしても火球等の危険な呪文を行使する機能をそのキャパシティを越えて酷使すればやはり爆発しそうですし、決定的な記述が欲しいところですね
しかし、ハーレム世界の魔術師の才能は魔力を持つとか体内に有力な魔術回路が有るとか先天的なものではないっぽいですね
知性は要りそうですね、他のファンタジー作品と同じく
15:ビーフイーター :

2010/03/01 (Mon) 21:58:30

何気なくシャドウをパラパラ読んでたら、シャドウに出てくる忍術も魔法が使われてるみたい
忍者は体術も魔法も両方学ばなきゃないから大変そう

>ご神体さん
つい先日、久しぶりに会ったらマガジンも買ったと言ってました
それに、最近は特に忙しいわけでも無さそう
彼は俺と違ってアウトドア派なんで、遊び回ってるだけかと…
16:ご神体 :

2010/03/03 (Wed) 18:22:58

話はスレからズレますが、白土三平の忍者モノの術は科学的な(手品の種明かし的な)解説が有るので、忍術も最新技術を取り込むのは自然なのでは?
山田風太郎の忍者モノだとそれって忍術?って術が多々ありますが(笑)
ともあれ、忍者も甲賀・伊賀・根来あたりがメジャーでしょうが、それぞれ得手不得手が有るので、全ての忍術を会得するというのは無いんじゃないかなぁ、と
でも、火薬や銃砲・体術・剣術や投擲・隠密行動・変装や話術・薬学や毒物・医療知識から来る治療や拷問(殺さないように責める)etc
魔術が無い世界だとしても、学ぶべき事は多いように思います

毛利さんはアクティブな休日ライフなんですね
最近はスノボもウィンドサーフィンも行ってないや…
ハーフパイプでも行こうかな…
17:しゅぴっつ :

2010/03/14 (Sun) 00:08:56

いまさらなんですが魔法宝珠が作られ始めたのは魔法が使用されはじめてからと考えた方が
自然ですね?

初期の魔法使いの中には宝珠を用いなくても大規模な魔術が使用できた人物がいたのでしょうか?
18:ご神体 :

2010/03/14 (Sun) 10:56:51

>魔法宝珠が作られ始めたのは魔法が使用され始めて後

確かに一理あるかも
呪文術式を確実に行使できるようにした魔道具、が魔法宝珠ということでしょうか

魔法を使う際に不安定だったからか、魔法を使う才能が稀少で少な過ぎる為に作られることになったのか…

妄想ですが、可能性としては昔の魔法のあった文明が滅び、遺産として魔法宝珠が残った、という可能性も…


ヴラッドヴェインとか、魔法宝珠を使わなくとも魔法を使えそうですね
19:毛利 :

2010/03/17 (Wed) 04:28:39


どうも!
こっちで面白そうな会話が続いてると聞いて。

とりあえず「ふたりの剣舞」のラストを読むと、
ブラッドヴェインは宝珠を使う使わないレベルを越えているような気もします。
20:ご神体 :

2010/03/17 (Wed) 20:54:03

お久しぶりです

学院を創った大賢者も同じレベルなんでしょうかね?
何かやはり魔法宝珠は魔法術式を行使する為の魔道器なのでしょうか


話は変わりますが、ウルスラの剣とか、1巻からのビキニアーマーとかは特に魔法の防御がありそうですが、小隊長クラスでも魔法の武具を持てるくらいに一般的なんでしょうか?イシュタールでは
21:しゅぴっつ :

2010/03/19 (Fri) 22:36:24

覚えている限りでは作中の女性戦士については、ビキニアーマーを着用している場合には、魔法による防御効果を
併用しており、また、斧(マディア、エヴァリンなど)などの重量のある武器を使用する場合には軽量化の魔法を付与している
ようです。武具に魔法を付与するのはかなり普及した技術だと思います。

余談:ところで斧(ハルバード)の類は重量で断ち切るのが本来の目的であるはずで、
其の観点からすれば本末転倒な技術とも思えます(笑)。
リーチの長さを考えてもどちらかといえば示威的な意味が大きいのではないかと思われます。
22:ご神体 :

2010/03/20 (Sat) 16:55:01

>余談
魔術による改造(ルーンクエストでは呪付、ガープス等では魔化)が一般的だと、呪付師とか錬金術師とか武具職人が各国に居て製造している可能性がありますね(メンテナンスや修理の必要性もありますし)
軽量化は確かにその理屈が成り立ちますが、ガープス(やってたのはルナル)では威力が弱くなったりはしませんでした

積極的に改造するなら、ハーレムシリーズでは名のある武人が使ってないですが、フレイル等遠心力を利用するモノはスイングに入ったらガンダムハイパーハンマーのように魔術で加速してあげたり、逆に打撃部の重りの重量を増加させて威力を増したりする魔法の武器が存在しているかも


消火栓を使った放水でも、0.7MPaの水圧で放水された水に腹部に受けて内臓がやられて死亡した事故例もありますし

鎧の軽量化は現実的です
日本も大鎧から具足に軽量化されていってますし、騎兵なら乗騎に対する負担を軽減していくでしょうし
身体能力の増加とか肉体強化系の魔術があってもよさげなんですが
肉体を極限まで鍛えた?ティア寺とかはそういうのを否定するのかな?如何なんだろ?
男塾の拳法寺、神拳寺や王虎(ワンフー)寺や蒼龍寺(だったかな?)のように何でもありの拳法、ということもないだろうし(笑)
23:野暮天 :

2010/03/23 (Tue) 20:09:23

この手の魔法は普通振り上げた時は軽く振り下ろす時は重くってのがセオリーかと思います
ガープスでの防具の軽量化も装備した時だけで持ち運ぶ時は軽くならなかったはず
ビキニアーマーは・・・T&Tだと戦士はもしダメージを食らう時でもとっさに防具で受ける訓練をつんでいるとありますがそれと同じ理屈でしょうか
24:ご神体 :

2010/03/23 (Tue) 22:04:48

スポーツの野球のバットやテニスのラケットの軌道を参考にすると、インパクトの瞬間最高速であることが理想であることを考慮して、スイング開始→インパクトの瞬間まで加速していることになります
現実では無いことですが、スイングの開始から重りが重くなるということはスイングスピードを上げる為に使う力は大きくなっていくのでは無いでしょうか?
それとも重心の変化が起こる、2リットルペットボトルに1/3水を入れキャップ側を持って振り上げ、振り下ろすようなものですかね?
振り下ろす事により水は先端部へ行き、重心もそちら側へ移り打撃を与える…
うまく思いつかないですね
25:野暮天 :

2010/03/25 (Thu) 23:08:07

所有者が振る時は軽く打撃を受けるほうは重くってことでしょう
>>身体能力の増加とか肉体強化系の魔術
ロリ幼女が大の男を放り投げるんですね!わかります
26:ご神体 :

2010/03/30 (Tue) 21:31:03

まあ、簡単な例としては夜行性動物の頭部の化石から夜目の効果の魔法とか…
電気ウナギの化石から、彼らのように筋肉で発電して組み打ちとか…(笑)


或いは餓狼伝説のタンフールーのように小さなジジイがムキムキマッチョとか、史上最強の弟子ケンイチの長老のようにジジイでも渋谷のスクランブル交差点のような所をスイスイシャカシャカ人混みを小走りで走るとか
27:しゅぴっつ :

2010/04/04 (Sun) 00:26:22

そういえば魔法や魔術師を用いた部隊間、または長距離の情報伝達は確か記述がなかったですよね?
空間移動やテレパシーの類はウィザードアカデミーにありましたけれども利用されていないということは技術的な制約が有るのかまたは作劇上の理由でしょうか?

○イン・サーガや○国の守護者では魔道もしくは魔導によって情報伝達が行われていたので少し気になりました。
28:野暮天 :

2010/04/04 (Sun) 08:42:51

>>魔法や魔術師を用いた部隊間、または長距離の情報伝達
盗聴される危険も大きそうなんだけどRPGにはその手の呪文ってあんまりでてこないですね
空間転移も魔力を歪めて空間転移者を葬り去る時空の罠とかも
どうも底意地の悪いGM専用高等魔法になることが多いようで・・・「転移した先は君たちが見たことも聞いたこともない別の次元だ!」
まあ、いきなりロスト扱にされるよりはマシなのかも知れない
29:野暮天 :

2010/04/04 (Sun) 14:05:03

>>肉体強化系の魔術
そもそも人間がいくら体を鍛えても所詮はマンモスはおろかゴリラにだって勝てないわけで
魔法戦士とか聖戦士とか気功戦士でもない限り巨人だの龍だのに勝てるはずがないし
日本のキャラはヒョロヒョロしすぎとか怪力幼女なんて非現実的とか欧米人が言ってるらしいけど、
そもそも筋肉があれば龍にも巨人にも勝てるって思想(?)のほうがおかしいんだけどねえ
コナンのような暗黒時代が舞台のリアルファンタジーならともかく、D&Dのような魔法優位な世界設定で筋肉云々されましても・・・
ハーレムシリーズはコナンシリーズのようなリアルファンタジー志向のようですが
30:野暮天 :

2010/04/04 (Sun) 14:15:00

そんなに筋肉がすきならいっそのことサイクロップスを主人公にすればいい・・・と思ってみたけどよくよく考えてみると頭に血が上るんだろうか?
キリンぐらいならともかくウルトラマンみたいな巨人ってのも非現実的な魔法生物になるような気がします
まあ魔法生物の骨だから魔法の材料になるのかも?
そういえばフレイアで恐龍の化石がでるそうだけど、飛龍の先祖が恐龍でいいんですよね?
というか飛龍は恐龍の一種?このあたりどーゆー設定になってるんでしょうね?
31:ご神体 :

2010/04/06 (Tue) 21:04:08

>テレポート

そういえばハーレム世界には使い魔とか有りましたっけ?
私の好きなTTRPGのRQだと、一神教の魔道師には使い魔(Famlir)、司祭には神友(Divine Companion)、祈祷師には魔精と感覚を持っていれば精神集中する事によりその生き物の感覚で知覚することが可能です
例えば、宇宙戦艦ヤマトのデスラー戦法の様に、丘の稜線の上に使い魔の烏を飛ばし視界を確保して、助走した(ランスチャージの為にはルール上少なくとも1R走る必要がある)騎士をテレポート(サイズに対する強度技能と相対距離を移動させる距離技能を操作可能なら)させて突撃させることが可能です
また、魔道師は複数の使い魔を造り維持していけますので、フルセンの海賊の早期警戒体制の為に海鳥の使い魔を配置しておけば、警戒網の構築も可能になるのですが…

まあ、ハーレム世界の魔法体系は違うようですけど
32:ご神体 :

2010/04/07 (Wed) 02:56:07

長距離転移だと、《転送円 Horming Circle》の呪文に呪付して作っておけば、そこを目指してテレポートが可能です
もちろん距離技能の範囲でですが
因みに通常魔道呪文の射程は10mで距離技能で操作して倍々にしていけます
距離8操作すると(10→20→40→80→160→320→640→1280→)2560m移動できます
一流の魔道師なら人は装備を含めて強度4~6程度あれば良いので、数百kmのジャンプも…
神教だと、使える神は一つ二つですが、視界内(神友や精神結合呪文の掛かった相手)に飛ぶ《瞬間移動 Tereportation》と一週間の聖別した場所を作る儀式を行い、そこへ向かって跳べる《誘導瞬間移動 Guided Tereportation》があります
因みに魔道呪文は《テレポート Terport》
33:野暮天 :

2010/04/07 (Wed) 21:19:46

>>距離8操作すると(10→20→40→80→160→320→640→1280→)2560m移動できます
RPGでよくそーゆーの見かけますが科学技術ならいざ知らず魔法の体系としてはどうも
目に見える範囲内の短距離移動と遥かか彼方への長距離移動ぐらいのアバウトなほうが魔法っぽくていいんですが・・・
効果範囲なんかも精確すぎるのはかえって興醒めなんですが一々全部サイコロ振るというのも無理ですしね
一方で戦闘バランスのために呪文の効果の大きさで呪文レベルが決まるために複雑さとかが無視されたり
D&Dぐらいぶっ飛んでいるともう笑うしかありませんが
34:ご神体 :

2010/04/08 (Thu) 01:33:03

好みはあるとは思いますが
このシステムはエルリック!とかクトゥルフにも採用されていますし、日本では主流ではないかも知れませんが
RQは魔法のルールや一部が理系のアメリカ人が関わったお陰でフランスやドイツ等ユーザーもメートル・キログラム法が採用されてて楽です
私の所でフィート・ポンド法に変えやがった、と書いたのはそんな訳で
D&DとかWFRPはフィート・ポンド法なので面倒です

因みに魔道魔術は計算し・方程式を解して、魔術的効果を演算して算出するものらしいですよ
神教の魔術は神を体現してるので限られますが
《えら呼吸》の呪文は水中で呼吸(文字通りえら呼吸)出来ますが、効果時間切れる寸前までえら呼吸してると切れた後には肺に水が入ってることになるので溺死しそうになるとか(笑)
ウチのメンバーは向こうのメーリングリストで、魔道魔術について議論してるようです
私は神教の方ですが
35:ご神体 :

2010/04/08 (Thu) 04:05:22

マスターやプレイヤーの半数が理系の院卒(私は違いますが)なので、私のキャラがグリフィンやヒポグリフで三次元戦闘していると、ヘックスやユニットでの位置表示からマスターに「え、それは届かないんじゃない?」と昔関数電卓・今はノートパソコンで計算してツッコまれているので、数値計算に慣れている(慣れさせられた)からかも知れません
が、魔法といえど研究して開発したり改良したりしていけるとすれば、何らかの論理的構成や法則があってしかるべきで、その意味では科学や物理と変わらないような気もするのです
理論を立てて実験で証明する、という手法は魔法でも可能だと
医学においても観測器具の技術的発展にも左右されるとは思いますが、細菌やウィルスの発見もそういった存在の仮説があり、証明されていった経緯があったと思います
36:しゅぴっつ :

2010/04/10 (Sat) 18:47:28

時空間関係+使い魔関係の魔法で思い出しましたけれど召還魔法はありましたね。
パイレーツ2では蛸、ウィザードアカデミーではスライムが召還されていました。
但し、特殊なプレイにもちいられただけで利便性は不明だったけれど。

召還と召還された対象を操る技術はまた別物なのかも知れないと仮説を立ててみる。
37:ご神体 :

2010/04/11 (Sun) 11:24:47

召喚呪文と支配呪文はやはり別ではないでしょうか?
呼び出して使役する呪文というシステムもありますけど
古い版のD&Dのシャドウストーカーという呪文とか
またRQの例で恐縮ですが、召喚呪文は儀式魔術で時間単位で、命令する魔術は戦闘ラウンドに投射可能です
例えば気の精霊(POWのみしかなく、呪縛したり支配下においてMPタンクとして利用)を召喚して、《命令》(精霊呪文)・《支配》(神性呪文)・《制圧》(魔道呪文)で使役します
魔道呪文だと、合成技能がありますので《気の精霊召喚》と《気の精霊制圧》呪文を合成して同時投射は可能です(投射ロールに失敗するとどちらも失敗しますが)
魔法宝珠だともし別々の呪文だったとしても、前もって呪文術式を組み合わせて作成することが可能っぽいので便利かも知れません


肉体強化系
確かに精霊呪文の《筋力》(STRを上げる)・《機敏》(DEXを上げる)は元の値の倍までという制限があります
人間のSTRは3D6(3~18、但し神の加護やヒーロークエストの結果それ以上のキャラも有り得ますが)、犀のそれは5D6+24とくらぶべくもありません

が、精霊魔術の狩猟採集や遊牧民でも、それこそ神神の戦いの中で戦った部族の偉大な英雄を召喚し、選ばれた戦士・族長(カーン)に憑依させてその力で戦うことが可能ですし、金属加工技術を持たない未開人でも魔術的には侮れません
魔術の強さには特徴があるので何が強いとは言えないのです
38:野暮天 :

2010/04/11 (Sun) 20:29:50

>>36
支配が有視界範囲内なのかどうかがまず問題になるでしょうね
遠見の水晶玉とかないと遠隔支配は無理そうですが
そういえばシャドーで女忍者が飛龍を待機させてたのも支配呪文のおかげなのか?
スライムは甲冑の中に忍び込んでの窒息攻撃はかなり厄介でしょうねえ
スライムに限らずわずか一瓶の水でも人を溺死させるには十分ですし
39:ご神体 :

2010/04/13 (Tue) 02:16:29

>支配
よくある、一文(one sentence)の命令を実行するタイプであれば、寧ろ効果時間の長さが問題になるかも
呪文の効果範囲外に対象が出てしまえば効果が切れてしまう、というのも有り得るとは思いますが
遠見の水晶球があって見えていても、見えている対象に呪文が届くか、とか命令を伝える手段があるか、とかの問題も…
上記の例からだと、神友や使い魔、或いは《精神結合》もしくはある強度以上の《テレパシー》で繋がっている場合、相手の視界で相手からの距離の呪文効果範囲に呪文投射可能でした
もしくは、《視覚突出 Project sight》で視覚の感覚点を飛ばし、そこの感覚点から呪文投射可能(聴覚や嗅覚や触覚も飛ばせますが、人間それでは狙いを付けれませんから)、というものも…
欠点は何らかの手段で感覚点が見つかって攻撃されると術者はダメージを負いますが

飛竜ですが、支配呪文も考えられますが、十分賢ければここで待て、という調教による訓練でもそれは躾れるかも
馬とかはそういう命令を実行出来たと思いましたが
40:しゅぴっつ :

2010/05/12 (Wed) 22:17:52

話は変わるけれど避妊魔法は悪用すれば民族浄化などにも使われそうで怖いですね
41:野暮天 :

2010/05/15 (Sat) 02:03:54

金がかかるし男を去勢するほうが手っ取り早いしそれはないかと
42:ご神体 :

2010/05/15 (Sat) 09:39:59

>民族浄化
近世以前は主に宗教的な対立から虐殺が行われているような気がします
ハーレム世界には、神が人の唯一の正しい生き方を示す一神教は見受けられないようなので、心配はいらないような

中国とか見ると同国人でも平気で十万人単位で殺戮してますが(怖)
43:ご神体 :

2010/06/27 (Sun) 09:43:41

そういえばデスティニーでマディアの魔法防御として魔法障壁が出ていましたが、防御呪文として投射していたのか、鎧の魔法効果として有ったのかどちらでしょうね?
防御呪文ならば、効果時間とかもありそうなので
D&Dならパーマネントという永続化の呪文が有ったような
RQにも永続化技能でPOWで呪付するような、魔道呪文ですが
鎧の魔法効果だとすると、魔法の矢とか呪文を掛けた矢でしか傷付けられなさそうです
44:しゅぴっつ :

2010/06/27 (Sun) 18:59:20

ウルスラも露出部分を魔法宝珠によってガードされている、とキャッスル一巻にあります。
たぶん似たような理由で、装備の効果による魔法ではないかと自分は思います。
45:ご神体 :

2010/07/04 (Sun) 10:48:21

防御魔術の基点が魔法宝珠であるならば、それを破壊すべく攻撃呪文で撃ち抜いたり、魔術掛かった矢で撃ち抜いたりという戦術もあるかも知れませんね
46: :

2010/10/29 (Fri) 12:53:21

忍術?で空を飛ぶ人が出てきましたねー。
47: :

2010/11/07 (Sun) 19:12:28


 『ジェネラル』(連載時)より魔法に関する経済的側面が出始めてきたのもポイントですね。


 『ロイヤルガード』や『ジェネシス』にも出てましたが、あの辺りの魔法産業の構造もおそらくは今後の展開の鍵というかも。
48: :

2011/01/10 (Mon) 08:37:30


>忍術?で空を飛ぶ人が出てきましたねー。


『プリズナー』でも出てきた「浮遊魔法」について、使い手になりそうなディーヴァが登場。


果たして留学先の魔法学園でパールパティと顔を合わせるかどうかも楽しみというか。
49: :

2014/11/15 (Sat) 11:19:55


最近では「避妊」に不可欠という感じも出てますね。

まあ。だからこそ戦乱に付き物の悲惨さも幾分緩和という気もしますが。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.